脱毛の当日施術に向けて気を付けたいこと

当日施術に向けて守りたいこととは

脱毛をしてもらう時に気を付けたいことがありますが、当日施術の際にはしっかりとムダ毛を処理しておくようにしましょう。お手入れを忘れてしまった場合は作業スタッフの方で毛の処理を行ってくれますが、しかしながらその際には別途料金が必要になることがあります。自分で処理をしておけば余計なお金も掛けずに済みますので、脱毛の前の基本として行っておいた方が良いと言えます。また、処理する際には毛抜きなどで抜いたりせず、カミソリで剃っておくのが基本です。抜いてしまうと施術の効果を低くしてしまいますので注意しましょう。ただし、受ける施術によっては毛を伸ばしておく必要があります。針脱毛やワックス脱毛ですとある程度の長さが必要ですので、どのような施術を受けるかによって毛の処理を考えなければいけません。
当日施術の時はもちろん、前日についても飲酒をしないのも気を配りたいことです。アルコールを飲んでいる状態ですと血流が良くなって体温も上がっている状態であり、そんな時に脱毛をすると赤みやかゆみ、火傷といった症状が出易くなってしまいます。飲酒をした場合は最低でも12時間以上は空けた方が良いとされていますので、施術を受ける予定があるのなら要注意です。

施術を受けた後に注意したいこと

施術をしてもらった後にも気を付けなければならないことがありますが、まず施術前と同じように飲酒は控えるようにした方が良いとされています。施術を受けた後は肌がダメージを受けている状態ですので、飲酒をしてしまうと肌トラブルを起こし易くなるのです。ですから施術前はもちろんのこと、施術後も飲酒はしないように注意した方が良いでしょう。
日焼けをするのも厳禁です。脱毛後の肌はバリア機能が弱まっている為、肌を保護する力が通常よりも低下しています。その状態で日焼けをすると肌へのダメージになりますし、肌トラブルの発生リスクが高くなるだけでなくシミといった症状も発生し易くなりますのでしばらくは露出を控えなければいけません。ちなみに当日施術の際にも日焼けは厳禁とされ、肌が焼けている場合は施術をしてもらうことができなくなりますので気を付けた方が良いと言えます。
施術後は肌の保湿を行うことも欠かせません。先にも述べたようにバリア機能が弱っていますので外的な刺激を受け易くなっています。保湿をしておかないと肌がダメージを受け易くなりますので、ローションなどを利用して皮膚を保護するように気を配った方が良いでしょう。